ゴム印はスタンプだけではありません

  • RSS

ゴム印というと、「えっ、スタンプ?」というイメージを持たれている方も多いと思いますが、子供の頃から、多く目にするハンコの1つです。
どういったものかわかりますか。
学生のころ、出席簿には生徒の氏名がハンコで押されていませんでしたか?
あれは、ゴム印で押されているんですよ。

ここから考えてみると、会社の封筒やチラシ、請求書や領収書、または、手紙やメッセージカードに押して使用する色々ながらのスタンプ類など、色々なシーンで使われているものがゴム印であるということがわかりますよね。
今では、お子さんの入園・入学の準備として必要な名前入れにも、こういった氏名の入ったゴム印は有効に使われているようです。
今、皆さんの頭の中では、長方形の細いゴム印をイメージされていませんか。
ゴム印って、このタイプばかりなのでしょうか。
答えは、違います。

ゴム印とはいえ、形状や用途によって使うものが変わってきます。
現に、今、認印として使っておられるシャチハタも、印面の材質はゴムです。
なので、シャチハタタイプの印鑑もゴム印というジャンルになります。
いわば、スタンプ台を使うゴム印から、進化し、スタンプ台がいらなくなったゴム印というところでしょうか。
それだけではなく、場所を選ばず押すことのできるスタンプもありますので、どんどん進化していることがわかります。
これから、このような氏名ゴム印の使用を考えている皆さん。
購入の際には、価格のことだけでなく、使いやすさや手軽さも考慮し、従来のスタンプ台を使うものでなく、シャチハタタイプのものをご検討されても良いかと思います。

〔必見!こだわりWEBサイト〕
印鑑は、ケースにもこだわっていますか?
印鑑ケースは、便利な朱肉付きケースから、がま口の可愛いケース、高級感溢れる牛もみ皮ケースまで種類は様々です。
この機会にこだわりのケースを手に入れてみませんか?
⇒印鑑ケースを見てみる

このページの先頭へ