認印も厳重に保管を

  • RSS

生活の中で、印鑑を使う機会というのは非常に多いと思います。
この際に使う印鑑は、認印と言われるものですが、認印とは、公的効力を持っていない印鑑のことを言うのです。
つまり、印鑑証明などの手続きを踏んでいない、個人や会社の印鑑とでも言うのでしょうか。

簡単に言うと、その人自身が、「これは、私の印鑑です」と位置づけ、使っている個人の印鑑という感じだと思います。
ご家庭では、認印のほかに、実印や銀行印など、色々な印鑑を使用されているかと思われますが、その中でも、一番使われているのがこの認印でしょう。

この印鑑は、実印のように役所へ届出をする必要も無く使用できることから、使われている印鑑自体の種類も多種多様です。
100円ショップの印鑑の人もあれば、本格的なものを使用されている方、または、朱肉を使わないシャチハタタイプの印鑑など、その人それぞれの使いやすいタイプを選んで使用されていることでしょう。
実際のところ、シャチハタタイプの印鑑を使われている方は非常に多いです。
シャチハタタイプの印鑑は、使い勝手がよく、個人の認印にはもってこいなものです。

しかし、注意していただきたいことがあります。
先ほど、「認印は効力を持たない」と書きましたが、すべてがそうではないということです。
認印であっても、公的効力が生じることもあります。
個人の認印、特にシャチハタタイプとなると、保管や使用が散漫になりやすいのですが、ここに注意して、個人の実印などと同様で厳重にしっかりと保管する必要があります。
印鑑だけを別の場所へ置いておくと、忘れてしまいがちなので、他の貴重品と一緒に保管するといいかもしれません。



~ 〔関連おすすめサイトのご紹介〕 ~

<簡単・自由にレイアウト>名刺作成

最短即日出荷が可能なスピード名刺館
多彩なサイズやデザインから選べるテンプレートは500種類以上!
スタイルに合わせて豊富なレイアウトの中から名刺をお選びいただけます。

このページの先頭へ