認印も朱肉印タイプのほうが良い?

  • RSS

会社内で認印を使うことは非常に多いと思います。
例を挙げるなら、まず、出勤簿ですよね。
シャチハタなどを使い、押している方も多いのではないでしょうか。
次に、簡単な書類や閲覧物などに押す確認印です。
これは文字通り、「この書類を確認しましたよ」という証明の判です。
ここに挙げた例は、基本的には、個人名の入った朱肉印やシャチハタといったタイプの印鑑をお使いでしょう。

しかし、会社で使う認印は、これだけではありません。
会社名の入った角印と呼ばれている認印があります。
これは、領収書や請求書など、特に取引のある会社相手に使う印鑑となります。
代表者印と言ったほうが、耳なじみでしょうか。
この、会社の認印は、シャチハタタイプで使っている方もいるかもしれませんが、正式には、朱肉印タイプの印鑑で持たれている方が良いようです。
シャチハタでは、印鑑の効力上の問題がありますので。

そして、この、会社の認印の書体も、非常に読みにくい書体を使っているものが多くあります。
理由として、解読されにくく、悪用されにくいということだと考えられます。
シャチハタのオーダーで印鑑を作れるシステムが広まり、簡単にどんな書体のものも作れるようになりました。
しかし、この技術を悪用し、他人の印鑑を偽造するといった犯罪の懸念も拭いきれません。
こういったことも、朱肉印を使い、解読されにくい書体になった理由のひとつかもしれませんね。
このように、会社で使う認印も、その用途に合わせて、シャチハタタイプを使うのか朱肉印タイプを使うのか考えていかなくてはいけません。

〔オススメのWEB通販サイト〕
印鑑を買うなら、ネットの印鑑通販専門店【ハンコヤドットコム】がオススメ!
おしゃれな個人認め印から会社の印鑑まで、安値で取り揃えています。
職人による手彫り仕上げで、品質も安心です!

このページの先頭へ