法人の印鑑

  • RSS

印鑑には、個人の人が使うものと、法人として使うものがあります。
そして、法人として使う印鑑の中にも、代表者印や銀行印、角印と、用途により、種類が決まっているのです。
「印鑑なんて、何でもいいんじゃない」と言われる方もいるとは思いますが、これが、そうもいかないのです。

代表者印は、団体設立時に必要ですし、銀行印は、法人として口座を開く際に必要です。
法律で必ずという決まりがあるわけではないのですが、印鑑は社会の中で結構な効力を持っているものです。
ですから、それ相応の印鑑は用意しておきたいものです。
「じゃあ、シャチハタでオーダーするよ」と思った方もおられるでしょう。

実は、シャチハタは駄目なんです。
もちろん、シャチハタが駄目なわけじゃないですよ。
確かに、オーダーして作ってもらえば、代表印や銀行印らしい書体の印鑑は作れます。
しかし、シャチハタの印鑑は便利なものなのですが、認印としての効力しか持たないものなので、各種届出印としては使えないのです。

シャチハタの印鑑は、手間無く使え、インキも補充でき、気楽に使える印鑑ですが、こういった公的な場所となってくると、完全におもちゃのスタンプと同じような位置づけになってしまいます。
今の時代、どんな印鑑でもシャチハタで間に合ってしまうように思えますが、やはり、朱肉を使って押す法人の印鑑を1セットは作って持っておくほうが良いかと思われます。
いざ、必要になったときに、印鑑を慌てて用意しなければならないとなると、非常に大変な思いをしてしまうので、前もって作っておきましょう。

【注目サイトピックアップ】

高品質な印鑑を安く作りたい方、必見です!
個人印鑑から法人印鑑まで徹底比較!
《印鑑ネット》は、はんこの購入をサポートする印鑑情報サイトです。

このページの先頭へ